【コンビニの売上利益】カテゴリごとの在庫量を増やすために種類を減らしてみる

今日もローソンさんに伺いました。

猛暑日が続いた合間の33℃前後の気温のなか、どんな売場になっているでしょうか

■おにぎり、弁当コーナー

お客様からみると、品揃えが悪い状態でした

■サンドイッチ、冷し麺

しっかり冷やし中華は仕入の半分以上を意識しているようでした。しっかり気温対応できてます。サンドイッチは少なく、選べないです。

■サラダ

サラダはカット野菜のところに59円クーポンの告知があり、紛らわしいです。カット野菜の上に果物が並んでいました。

いかがでしたか?

お客様からみて品揃えが良いと思われるのは、在庫量があること。それをどのカテゴリも実施すること。まずは種類を絞って、単品の販売数を上げて、在庫繰越しやすい環境を整え、一品ずつ最大限在庫をもつ発注をしてみませんか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。