【コンビニの売上利益】販促ではなく売場でおすすめを感じられるようにすると上がる

セブンイレブンさんに伺いました。

めちゃハピという、デジタル販促を活用したキャンペーンが先週に続き実施。冷製スープが新しく登場。おにぎりは大きいシリーズが登場。

それでは、売場を見ていきましょう

■冷し麺

6段展開に変更し、その上にはパスタサラダ。売場で季節感を感じるし、これから売って行こう!というのが伝わってきます。

■デザート

スポンジとクリームのデザートは先週に続き多く、おすすめしている感じがしました。その上に今週の新商品を陳列。

■冷製スープ

2種類を展開。多フェイス展開なので目に止まりました。

■おにぎり

大きなおにぎりを発売、包装は簡素な感じで逆に目に止まりました。

いかがでしたか?

日用品やお菓子は目立っておすすめしているんだ!と感じた商品はありませんが、基本的な穴開きや意味のないフェイス拡大はありませんでした。そして、販促物ではなく、売場からおすすめの商品が伝わってきました。

逆にセブンイレブンさんでは、もっと多くの販促やおすすめをしていると思いますが、伝わるのはほんの一部です。

最近、ファミマさんに行ってないので、行ってみます★

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。