販促次第で売上は上がります(22-04-14ファミリーマート駅前立地)

本日はファミリーマートさんに伺いました

■施策

極うま中華セール開催中。8品がお買い得のようです。パッケージを載せるともっと売場のどこにあるのか想起しやすくなり、購入に繋がりそうでした。

■揚げ物

揚げ物の前にアイスコーヒーの冷蔵庫がありました。冷蔵庫がない方が、揚げ物にお客様の視線が行きやすくなり、揚げ物の売上が上がりそうです。お客様はこの距離から、「揚げ物は美味しそうなのがあるかな」とみるので、販促の文字が見やすく、揚げ物も傾斜陳列できると売上が上がりそうです。

■氷

スムージーがこれからの展開も見越して、3段陳列できるスペースを確保していました。この中で最も販売高が高いのが、左下の氷です。箱アイスを減らしてスペースを確保したほうが、トータルの売上は上がりそうです。展開スペースは売上規模を示すのですが、スムージーはそんなに売れるのでしょうか?

■デイリー

サラダチキンの下の棚は何でしょうか?商品を置くともう少し売上が上がりそうです。トレー惣菜は立たせてあげるとどんな商品かわかりやすくなり、売上が上がりそうです。

フェイスアップはもう少しですね。味付玉子は生玉子の近くではない方がよいです。味付け玉子はどういう時に買いますか?

■入口

最後に気づきました。スムージーは新商品なんですね。

いかがでしたか?

一番注目したい点は、中華商品のセールをしていますが、対象商品が何か分からなかったことにあります。商品陳列は多フェイス展開などもう少し見せた方が良いです。また、入口のスムージーポスターも、退店時に気づきました。お店というよりは、本部販促の問題かと思います。お客様へまっと便利になるために販促展開の再考をお願い致します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。